google-site-verification=UMYAIhbYLmDYLKaXrHPDX1xzaXF5HvATxNgiMDa9wCw

〒189ー0012 東京都東村山市萩山町1-7-7

営業時間
9:00~17:00
 定休日 
なし

お気軽にお問合せ・ご相談ください
※不在時は折り返しご連絡差し上げます

050-3708-0004
afterコロナ葬儀新時代

こんなことを考えていませんか?

そのお悩み
葬儀の「価値作り」解決できます

見てわかる、伝わる違い作りから取り組むことが重要です。

具体的に御社に合ったアイテム提案から運用までお伝えいたします。

お客様の心に社名を刻み、もしもの時に電話して頂けることが重要です。

ただ葬儀社が集客に悩む原因は、葬儀の価値と商品力の弱さにあります。

ここを踏まえずにいくら努力しても結果は出ません。

売り込まないこと、そして「お客様自身が選択して決める」ことを仕組化することが重要です。

客単価だけなら資料の見せ方とトークを少し変えるだけで、1ヶ月で1件あたり5~10万円アップ可能です。


葬儀実務経験33年✕消費の価値作りに取り組み続けた集大成

葬儀の武器屋

皆さんは、「葬儀をしたい!」というお客様に会ったことがありますか?

通常、葬儀は「仕方なく買わなければいけない」ものであり、同時に「悲しくてつらい、よくわからない、高額」な商品です。

そもそも皆さんは、こんな商品を買いたい!と思いますか?

 

今から30年前は、「葬儀をしない」という選択はほぼあり得ない話でした。

でも今は、「葬儀をしない」という選択も当たり前の時代です。

 

競合の多様化もあり、今後は今までと同じ葬儀の売り方は通用しなくなります。

これからは、葬儀の価値作りにしっかりと取り組み、いかにお客様の「葬儀をしたい」という気持ちを高められるかが重要となります。

4月のお薦め

無料セミナー

4月のお薦め

集客・客単価・差別化の救世主!

東京都・埼玉県・神奈川県・福島県・栃木県限定!

受付を終了したエリア

エリアは本店・支店・相談窓口などの所在地が判定基準となります。

今月は東京都の葬儀社様に順次案内をお送りしています。

もちろん、埼玉県・神奈川県・福島県・栃木県の皆様からの応募も受け付けています。

ご家族のために頑張りたい葬儀社様、申込は先着順ですのでお早めにご検討ください。

4月のお薦め

金のガチョウ、差し上げます!

業界初のノーリスク・コンサルです

葬儀の武器屋のコンサル  3つの特徴

いかに優れた戦略があっても、葬儀力が弱ければ十分な効果は得られません。

葬儀の武器屋は21年間、葬儀力を鍛えるノウハウを現場重視・消費者重視で研究し続けてきました。

1カ月で効果を実感!売上アップ成功率100%

【打ち合わせ資料+トーク改善】【信頼獲得型集客】により、速やかに収益を改善します。

客単価アップ10のテクニック、集客14のテクニックをご用意しています。

「選ばれる理由」をつくる日本唯一の価値作りコンサル

お客様は葬儀を買いに葬儀社に来る以上、葬儀社の主力商品は「葬儀」です。
当然、葬儀の商品価値を高めることは重要な課題です。

価値づくりに役立つ差別化・高付加価値化47のテクニックをご用意しています。

社員研修付で効果を上げやすい

コンサル内容を社員に伝えるのが難しい、そんなお悩みは無用です。独自の「私ごと研修」で社員の皆様にしっかりとお伝えいたします。

コンサルの他、
リーズナブルなオンライン塾「葬儀王養成塾」や葬儀スタッフの学び場、オンラインサロン「cafe ルーキーズ」なども提供しています。

事例紹介

コンサル前

客単価10%ダウン
施行件数29%ダウン
価格競争になっている
他社との差別化ができていない

単価減の理由は価格競争と仲介業への依存が増えたこと。件数減の理由は主力病院を他社に奪われたことです。

コンサル後

客単価160%(葬儀料金本体)

自己集客力230%

葬儀満足度100%

葬儀の価値作りの視点で、「満足獲得力」「自己集客力」を強化。葬儀自体の魅力でファンを増やすことで客単価・集客も改善。仲介業との契約は廃止、病院との契約は1件に。なお上の数値は式場建設前のものです。現在は・・凄いことになってます。

事例紹介

コンサル前

他社が自社式場のそばに会館を建設!

どう迎え撃つべきか、と差別化にお悩みでした。

価格推しと社長の人柄、先見の明で業務拡大に成功した葬儀社様。ただ他社の進出への不安が大きく、差別化への興味もありご依頼いただきました。

サービス提供後

6ヶ月で進出側以上の差別化を行い迎撃。

集客は平均111%に改善

客単価は平均5万円アップ

差別化アイテムを導入。お客様に以前以上に喜ばれ、自信がついたことで他社進出の不安も薄れました。集客に影響がみられないのは、関係構築型チラシによる地域客のファン化によるもの。客単価、本当は10万円アップ可能なのですが、社長様が「1万儲かるだけで十分」、とのお考えなので敢えて5万円アップで留めています。

お客様の声

サービスの幅が広がります

差別化アイテムの使用に関して、こちらの質問のみではなく、細やかなセールストークなど具体的にお話していただけるので現場での導入を非常にイメージしやすいです。(東京都S社様)

社員と情報を共感・共有しやすい

現場にそった、経営課題の解決方法を理論だってお教えいただいたのとても理解しやすく、ワクワクする感じでした。 又、御社(葬儀の武器屋)の目的である日本中のお葬式を温かな涙と笑顔に包まれた、人に優しいお葬式に変えることが基本となっているので社員とも共有しやすく、実現した姿を想像することができ楽しみながら学ぶことが出来ました。(熊本県K社様)

会社の余命6ヶ月からの生還!

2年前に近隣に葬儀会館ができ、徐々に葬儀件数が減りはじめていました。また恥ずかしながらリスケを行ったため、あと6ヶ月で結果を出さなければいけない、という状況で(コンサルを)お願いしました。1ヶ月で客単価は平均10万円アップ、広告を出せば町の人から応援の言葉をいただき、思い出コーナーの改善など葬儀の差別化にも成功。よくこの短期間でここまで改善できたな、と思います。残念だったのは、前年より売上が上がったため(コロナの)助成金が貰えなかったことくらいです。(東京都W社様)

リピートが確実に期待できます

葬儀の武器屋さんの提案するお葬式スタイルは本当に故人様とご家族のために、手をかけるものだと思いました。ただありきたりに葬儀を行うのではなく、ご遺族がどうすれば後悔なく送ることができるのか、故人様の人生を大切にすることの意味がしっかりと考えられているので、リピートしてくれる喪家様がこれから増えていくことと思います。私自身もこんなお葬式なら是非したいと心から思えます。(東京都K社様)

<メディア掲載歴>
月刊フューネラルビジネス・月刊仏事・ライフ&エンディングBIZ
朝日新聞デジタル・読売新聞オンライン
SankeiBIZ・@niftyビジネス・LINEニュース など

業務改善の基本的な流れ

何から取り組み、何を目指すべきか。

一人社長の葬儀社でも、式場10棟以上の葬儀社でも、その基本は同じです。

客単価アップ&差別化導入

過去の客単価アップ成功率は100%。まずはお財布を豊かにして、元気を出してから次のステップへ進みましょう。差別化も楽しみながら取り組みます。

集客アップ

集客に苦戦する本当の理由がわかれば、あとは簡単です。関係構築型チラシで攻勢をかけます。

差別化・客単価・集客の改善安定化

まずはここまでの学びの固定化。step4への基礎固めです。

葬儀の「物語✕体験」化

感動葬儀の上位版、ドラマチック葬儀を実装します。御社の葬儀に価値と魅力が生まれ、理想のお客様が自然と集まるようになります。

10年先の葬儀水準で他社の追随を許しません。

私がなぜ、この仕事をしているのか

葬儀の価値作りアドバイザー
葬儀の武器屋、代表の松瀬教一です。

突然ですが皆さん、巷にあふれる
悲しくて、疲れるだけのお葬式っておかしくないですか?

 

お葬式と言えば、消費者からはこんな話がよく聞かれます。

悲しくて疲れるだけ。

わかりづらい。

高額だけど価値がわからない。

また、よく葬儀広告で「温かいお葬式」みたいな言い方をしていますが、実際には昔のままで特に変わらない、と感じるものも少なくありません。

結局、お葬式って「悲しくて わかりづらくて 価値がない」のが当たり前になっていますよね。

 

これって、誰も嬉しくないですよね・・

 

でも、お葬式の過ごし方をほんの少し変えることができれば、故人様を思いだした時に悲しくなるのか、温かい気持ちになるのかが変わってきます。

どうせなら、温かい気持ちになれるほうがいいですよね。

 

そこで問題になるのが、どうすれば温かい気持ちになれるお葬式が出来るのかです。私は21年の試行錯誤と500以上の施策検証を繰り返す中で、一つの答えを見つけました。

 

それは、思い出話が自然にできる雰囲気づくりをすることで、葬儀中のご家族や参列者の笑顔が増える、ということです。

 

これって、故人様にとっても嬉しいことだと思うんです。

みんなが泣いてばかりいたら、安心して旅立てないですよね。

また、そうすることで葬儀後のご家族の立ち直りも格段に早いことにも気付きました。

 

大切なものは はじめからそこにある

ただ 心が悲しみに曇って見失っているだけ

だったら・・・

 

私が葬儀の価値づくりで大切にしているのは、普段忘れている懐かしい記憶やその時の想いを思い出すきっかけづくりです。

そして、それを実現するための手段として「笑顔のお葬式メソッド77のテクニック」を練り上げました。

 

大切な人を失って悲しいのは自然なことです。

でも、大切なその人と過ごす最後の時間を悲しみで覆いつくすのではなく、楽しかったこと、嬉しかったこと、そうした温かなふれあいの記憶を呼び覚ますことで、大切なその方の人生を輝かせてあげることができたら。

そしてその輝きで、遺された人々の心を温め、癒してあげることができたら。

 

そんなお葬式の「当たり前」を実現できる葬儀社、各地の【葬儀王】を養成するために、私はこの仕事をしています。

お役立ち情報
無料メルマガ

最新のセミナー情報やコンサル・オンラインセミナーでお伝えする以外のお役立ち情報を不定期配信しています。