〒189ー0012 東京都東村山市萩山町1-7-7

営業時間
9:00~17:00
 定休日 
なし

お気軽にお問合せ・ご相談ください
※事務所不在の際は折り返しご連絡差し上げます

050-3708-0004
売上・集客で苦戦する本当の原因を解決できる葬儀単価130%、年間件数230%を達成した方法
コロナの影響でつらい、客単価を上げたい、もっと集客したい、他社との違いを強めたい、とお悩みの葬儀社様へ

1月のお薦め

通常料金1月・2月は無料!

予算をかけず
1ヶ月
客単価を10万円以上アップ
同時に
お客様の評価も高める

これができる人、他にいますか?

葬儀の武器屋が最も得意とするのは、短期間で客単価とお客様満足度をあげるコンサルティング。
なぜそれができるかといえば
葬儀業界33年の実務経験と、お客様(消費者)寄り添い23年の実績があるからです。

葬儀社だけではなく
お客様も喜んでくれる

だから、1ヶ月で無理なく前述の成果を上げることができます。

皆様、お悩みがあるからこのページを訪問されたのだと思います。
ネットサーフィンをしていても答えは見つかりませんので、
御社の課題を整理するために、オンライン相談のご利用をお薦めいたします。

なお当社では無粋な売り込みはいたしせんので、安心してご連絡ください。

日本唯一×葬儀の価値作りコンサルティング
葬儀の武器屋

皆さんは、「葬儀をしたい!」というお客様に会ったことがありますか?

通常、葬儀は「仕方なく買わなければいけない」ものであり、同時に「悲しくてつらい、よくわからない、高額」な商品です。皆さんは、こんな商品を買いたい、と思いますか?

そしてもう一つ、重要な問題があります。

それは、お客様は葬儀に

1)感情の問題(悲しい・つらいなど)

2)状況の問題(何をしたらいいのかわからない  など)

2つの問題の解決を望んでいるのに、多くの葬儀社では”状況の問題”しか解決していないという点です。

 

葬儀社に求められているのは、従来のような設営内容や施設ありきの演出や金太郎あめのような葬儀ではありません。

ご家族や故人様が実感できる「良いこと」を提供すること、そしてお客様の抱える2つの問題を解決すること、つまり
「葬儀の価値作り」をしっかりと行うことが重要
なのです。

葬儀の武器屋  3つの特徴

ノウハウを伝えるだけではなく、具体的なアイテムの運用指導や社員教育も併せて行い、1~6ヶ月以内に客単価10万円アップや葬儀満足度アップを確実に実現します。

1カ月で効果を実感!売上アップ成功率100%

【打ち合わせの差別化】【集客の差別化】により、速やかに収益を改善します。

客単価アップ10のテクニック、集客14のテクニックをご用意しています。

「選ばれる理由」をつくる日本唯一の価値作りコンサル

お客様は葬儀を買いに葬儀社に来る以上、葬儀社の主力商品は「葬儀」です。
当然、葬儀の商品価値を高めることは重要な課題です。

価値づくりに役立つ差別化・高付加価値化の47のテクニックをご用意しています。

セミナー10,000円~、コンサル29,800円~、全メニュー返金保証あり

新入社員一人より安い投資で「最強の武器」が手に入る!

しかも当社のセミナー、コンサルは効果を実感できなければ返金保証(クーリングオフ)が初回終了時まで可能なので、皆様には何のリスクもありません。
ただし、各エリア1社限定なので、お早めにご利用ください。

独自メソッドで
実現した成果例

こんな葬儀社があります。

客単価130%(直葬含む)
施行件数230%
葬儀後満足度100%

⇒その後、念願の自社式場建設

 

葬儀の武器屋がお伝えするのは、一人社長の葬儀社様から、式場を10棟以上展開する葬儀社様まで成果を上げている方法です。

お客様の声

サービスの幅が広がります

差別化アイテムの使用に関して、こちらの質問のみではなく、細やかなセールストークなど具体的にお話していただけるので現場での導入を非常にイメージしやすいです。(東京都S社様)

リピートが確実に期待できます

葬儀の武器屋さんの提案するお葬式スタイルは本当に故人様とご家族のために、手をかけるものだと思いました。ただありきたりに葬儀を行うのではなく、ご遺族がどうすれば後悔なく送ることができるのか、故人様の人生を大切にすることの意味がしっかりと考えられているので、リピートしてくれる喪家様がこれから増えていくことと思います。私自身もこんなお葬式なら是非したいと心から思えます。今後ともよろしくお願いいたします。(東京都K社様)

<メディア掲載>
月刊フューネラルビジネス・ライフ&エンディングBIZ・朝日新聞デジタル
SankeiBIZ・@niftyビジネス・LINEニュース など

葬儀社に重要な2つの質問

※3分程の動画で、今後の葬儀社の重要課題をお話しています。

商品としての「葬儀」が不完全であることの証明。冒頭1分のダイジェストに注目!

現状の葬儀は「不完全」なので売るのに苦労します。

でも、不完全な部分を補うことで確実に「売れる商品」に変わります。

この動画からそれを学ぶだけでも、御社の葬儀は魅力的に変わるはずです。

私がなぜ、この仕事をしているのか

葬儀の武器屋、代表の松瀬教一です。

突然ですが皆さん、巷にあふれる
悲しくて、疲れるだけのお葬式っておかしくないですか?

 

お葬式と言えば、消費者からはこんな話がよく聞かれます。

悲しくて疲れるだけ。

わかりづらい。

高額だけど価値がわからない。

また、よく葬儀広告で「温かいお葬式」みたいな言い方をしていますが、実際には昔のままで特に変わらない、と感じるものも少なくありません。

結局、お葬式って「悲しくて わかりづらくて 価値がない」のが当たり前になっていますよね。

 

これって、誰も嬉しくないですよね・・

 

でも、お葬式の過ごし方をほんの少し変えることができれば、故人様を思いだした時に悲しくなるのか、温かい気持ちになるのかが変わってきます。

どうせなら、温かい気持ちになれるほうがいいですよね。

 

そこで問題になるのが、どうすれば温かい気持ちになれるお葬式が出来るのかです。私は21年の試行錯誤と500以上の施策検証を繰り返す中で、一つの答えを見つけました。

 

それは、思い出話が自然にできる雰囲気づくりをすることで、葬儀中のご家族や参列者の笑顔が増える、ということです。

 

これって、故人様にとっても嬉しいことだと思うんです。

みんなが泣いてばかりいたら、安心して旅立てないですよね。

また、そうすることで葬儀後のご家族の立ち直りも格段に早いことにも気付きました。

 

大切なものは はじめからそこにある

ただ 心が悲しみに曇って見失っているだけ

だったら・・・

 

私が葬儀の価値づくりで大切にしているのは、普段忘れている懐かしい記憶やその時の想いを思い出すきっかけづくりです。

そして、それを実現するための手段として「笑顔のお葬式メソッド77のテクニック」を練り上げました。

 

大切な人を失って悲しいのは自然なことです。

でも、大切なその人と過ごす最後の時間を悲しみで覆いつくすのではなく、楽しかったこと、嬉しかったこと、そうした温かなふれあいの記憶を呼び覚ますことで、大切なその方の人生を輝かせてあげることができたら。

そしてその輝きで、遺された人々の心を温め、癒してあげることができたら。

 

そんなお葬式の「当たり前」を実現できる葬儀社を育てるために、私はこの仕事をしています。

お役立ち情報
無料メルマガ

最新のセミナー情報やコンサル・オンラインセミナーでお伝えする以外のお役立ち情報を不定期配信しています。